2011年08月22日

心が振動する感じだ☆amazarashi

友達がamazarashiというバンドを教えてくれた。

爆弾の作り方』と『光、再考』という曲をラジオで聴いてネットで即買いしたそうだ。

歌詞が何か『ゾクッ!!』って来る感じだと僕の感想を伝えたら

友達はこんなふうに言った。。。

「文学的な香りがして、詞の中に言葉を求めたくなる。日本のバンドなら尚更そこを求めてしまう。」

「詞の中に責任回避の言い訳や稚拙さを見つけてしまうけど、そのことを含め、恥ずかしいとことも、自分の幼さも、さらけ出しているところが惹かれてしまう」

「久々に肉体をもった歌を聴いた感じがした」

「最近の若いバンドは、肉体のないゴーストやゾンビみたいだと思ったりしてたから」

なんだか音楽ライターのレビューみたいでかっこいい

そんなふうな話を聞いて.....ブルーハーツのトレインとレインの歌詞で『やらしさも汚らしさも剥き出しにして走ってく...』というのをふと思い出した。

因みにボーカルギターの秋田ひろむ君は真島昌利の影響も受けているらしいです。

BUMP OP CHIKEとかRADWIMPSの臭いの他に『世界の終わり』も一瞬頭を過ったりして....そして『何かと闘っている』そんな印象を受けました。
闘っている相手が、例えば政府とかそんな大げさな相手では無くて、もっと等身大の身近な日々の出来事とか...
その辺りに僕はロックを感じました。

↓オフィシャルサイトのイラストが凄く素敵だし、てるてる坊主がカワイイよ☆
amazarashiオフィシャルサイト

↓歌詞&インフォメーションをつぶやくボットもフォローしてしまいました
amazarashiツイッターアカウント


にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村


posted by テツ at 14:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | インディーズ音楽シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

明日は8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!の開催日☆

もちろん僕も地元だし参加します。
といっても、ボランティアスタッフとかそういうカタチでの参加ではなくて見物しに遊びに行くだけなので少し申し訳ないような気もするけど。。。

翌日はお仕事があるし、朝から夜まで1日中居るのは無理なので夕方〜夜のライブステージを中心に観てきたいと思ってます。

まず、明日の会場周辺の天候は?

福島市のピンポイント天気-日本気象協会

夕方少し小雨が降りそうな天気予報なので念のため傘&カッパを持って行くことにしましょう。

ついでに持ち物チェック。。。

☆ペットボトルを首からぶら下げるライブ用のドリンクホルダー
↓ いつもZEPPでもらうドリンクホルダー
2011-08-14 12.29.37.jpg


☆会場をぶらついて疲れたら座る用の折りたたみイス
↓花火大会に持って行く用のイス
2011-08-14 12.25.46.jpg


☆蚊に刺されないように
↓虫除けスプレー
2011-08-14 12.39.56.jpg


☆蚊に刺されちゃったら
↓ウナクール
2011-08-14 12.39.26.jpg


☆汗かいたり雨に濡れたりした時のための着替え&タオル

ect.....


明日の持ち物は、以上こんなもんですかねえ


会場のイベントステージが三カ所に別れてるみたいです。

☆ウォーターステージ

☆フラワーステージ

☆スタジアムステージ

それぞれのステージの参加アーティストとライブ予定→8.15世界同時フェスティバルタイムテーブル

ちなみに...この日の僕の一番のお目当てアーティストはグループ魂。
タマシイはウォーターステージ16:50〜17:30
このウォーターステージには頭脳警察とザ・スターリン246も出るので、このステージをメインにして、可能であれば他のステージも観る事にしましょう。
ウォーターステージの和合亮一さんと坂本龍一さんの詩の礫や、向井秀徳さんのトコも行きたいし。

ところで、各ステージの場所ってどれ位離れているのかな?
はたして...簡単に各ステージ間をちょこちょこ移動できる距離なのか?
あずま運動公園と四季の里の敷地内だから、歩いたとしても1km〜3kmくらいだろうから、まあ丁度いい運動になるくらいかな?と推測してますが。

駐車場は四季の里の駐車場は利用不可らしく
あずま総合運動公園大駐車場が臨時駐車場になっているらしいです。

当日は福島駅西口〜会場へシャトルバスもあるそうです。

最後に.....
僕はこのプロジェクトの宣言文にある下記の文章に惹かれて共感を覚えました。

『ノーモアフクシマ』でも『立ち上がれフクシマ』でもなく、なんの形容詞もつかない『FUKUSHIMA』.......『FUKUSHIMA』をポジティブな言葉に変えていく.....

上記の文章です。


僕の住んでいる『ふくしま』は原発事故でマイナスのイメージで世界的に超有名になってしまいました。
健康被害の危機にさらされたり経済的打撃を受けたりしています。
その事に対して怒りや悲しみや絶望を感じ『ノーモアフクシマ』とか『立ち上がれフクシマ』と叫び拳を振り上げたくなる感情も凄くあります。
その一方で....
転んでもタダでは起きない逞しさとかずる賢さの様なものの必要性も感じていて、世界的有名になった『FUKUSHIMA』とい言葉のパワーを逆に利用してをポジティブな方向に活用できないものか...みたいな事も考えたりもしていました。
その辺りにプロジェクトFUKUSHIMAの精神と共鳴する何かを感じました。
明日、その『何か』を見つけられるかもしれません!?

posted by テツ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。