2013年04月19日

M川さんとのコラボ企画『 0.1t Tシャツ 』

日頃何かとお世話になっているM川さんにオリジナルTシャツをプレゼントしようか?みたいな話を以前していて、

どんなTシャツがいいかなあ?ってなった時の会話

・オレ   『ワンポイントで 0.1t って文字をプリントするってのは、どう?』

・M川さん 『 何 0.1t って?』

・オレ   『100kg』 
    
      『M川さんの体重、0.1t(トン)の意味』

・M川さん ( 笑 )

・オレ   『一見意味不明の数字とか記号みたいなんだけど』

      『意味を知ると、思わず何かちょっと笑ってしまう....みたいなデザインコンセプト』

・M川さん 『いいかも!?』


20130419_01t_trock.png


いつ頃だったか?

あれは、2〜3年前くらいだったかな?

そのTシャツが完成したかのかというと、していないです残念ながら

今年も、そろそろTシャツの季節が近づいてくるなあ....何て考えていたら

その作らずに話だけで滞っている 0.1tTシャツの事をふと思い出しまして

何故か知らんけど、『今年こそは作らねば!!』的な使命感みたいなものが沸々と湧いて来てしまって、それもこんな夜中に(笑)

何故だろう?

まあ、理由はどうでもいいですが、1つ引っかかる事が....

それは、『 体重100Kgゆえに 0.1t 』それだけじゃ何かイマイチ面白くないかも?って事

別に、Tシャツなんだから面白くなくても着てみて素敵ならそれでいいんだろうけど

現に、面白Tシャツみたいな...変な言葉とか書いてあるTシャツを勢いで購入したはいいけど冷静に考えたら何か恥ずかしくて着れん!!みたいな経験もありますしね

ただ、毒林檎Tシャツ( ← 僕が主催するTシャツレーベル )が制作するTシャツには物語性みたいなのがある事が必須なんです

そして、その物語にはユーモアであるとか感動であったり何かしら人の感情を動かす何かが無ければならないという約束事がありまして

あるというか.....今思いつきで決めたんですけど(笑)




では、0.1tTシャツについて、どうすれば面白くなるのか?




例えば、こんなのはどうだろう?



0.1t Tシャツは、日頃のご愛顧に感謝してM川さんにプレゼントするが、半年後もしM川さんの体重が90kgに減量できていれば御褒美というカタチで0.09 t Tシャツを無償でプレゼントする

その反対に、体重がもし105kgに増えてしまっている様な事態になってしまっていたなら、健康にも悪いしペナルティーとしてM川さんがお金を払って0.15t Tシャツを購入しなければならない.....的な仕組みを備えたデザインというか企画にしてみてはどうだろうか?

そして、M川さんには是非頑張ってダイエットに成功していただいて健康になってもらいたい

もっと言えば、スリム&イケメンになってもらってモテモテに......

0.1tTシャツでダイエットに成功したスリムモテモテM川さんが美女を侍らせている写真を、ダイエットTシャツ購入システムの実例として広告写真にして一儲け....なんて野望は決して企んでいませんが

もし万が一そうなってしまったとしたら、それはそれでアリなんじゃないでしょうか?M川さんも健康になってモテてモデル料とか印税とか入って儲かる訳だし!?

って......だから、そんなん企んでませんて

企んでないですけど

Tシャツの物語性という『毒林檎Tシャツの理念』は十分クリアできそうなTシャツデザインのアイデアだとは思うので、M川さんと相談の上、プロジェクトを実行に移す方向で進めたい感じで妄想中です


続く....のか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。