2015年02月23日

音楽って星のような存在

吉井和哉が音楽について一人語りしているラジオ音源を友人の120Kがネットで送ってくれました。

120Kという呼び名は普段そう呼んでいる訳じゃなくホントの呼び名をネットで曝すのもアレだなと思ったので便宜上勝手に付けたあだ名の様なモンです。念のため。

さすがに音源ファイルをネットで公開する事は出来ませんが、番組のホームページにテキストですがアーカイブがあるみたいなのでリンクを貼っておきます。

興味のある方は読んでみて下さい。

・この番組です→ALTERNATIVE NATION 19FOREVER弟91回ゲスト吉井和哉

番組前半の19才の頃の吉井和哉についての下りの。。。ジャパメタだとかカセットだとかA面B面だとかオートリバースだとか懐かしい言葉が随所に出て来て思わず反応してしまう辺りは同世代ならでは感がハンパ無いww

とは言うものの、吉井さんがマジェンダ色のハイエースで全国ツアーを回っていた頃に、同世代の僕はといえばTVでイカ天を見て「カッコいい!ベンジー!!」とかいう割には別に真似してバンドをやるでもなくノホホンとした青春時代を過ごしていた様な気がして充実度格差が半端無い感が否めません。今思えば何か勿体なかったかな?とも思うけど、あまりに遥か遠過ぎる思い出なので明確には思い出せませんwww

番組では、吉井さんの思い出の曲みたいなのが2曲紹介されていました。音源だと曲も聴けるんですが、番組ホームページでは聴けないみたいなので、YouTubeのリンクを貼っておきます。

1曲目はブライアンアダムスの曲HEAVEN / BRYAN ADAMS



吉井さんが当時拠点にしていた静岡の街には、こうゆうL.A.ミュージックがよく似合うそうで、夕暮れ時によく聴いていたそうです。

静岡っていったら、昔、T中君の車で僕とT中君とHGの3人で伊東温泉に一度行った事があるだけですけど、そんな感じの街並だったかなあ?こちらも、あまりに遠過ぎる思い出でなので思い出せませんww

ブライアン・アダムスは当時凄く流行っていたのは記憶にありベストヒットUSAとかで聴いた覚えがあります。ちなみに、その頃の僕のお気に入りはブライアン・アダムスではなくジョージ・マイケルでした。


2曲目はテンプテーションズの曲MY GIRL/THE TEMPTATIONS



この曲も有名なので勿論聴いた事ありますけど、吉井さん曰く、サザエさんの音楽に似てるとは気づきませんでした。



番組の最後の方で吉井さんが言っていた言葉が何となく刺さったのでシェアしておこうと思います。


『音楽は星のような存在』

悲しい時、夜空を見上げると星が輝いている

星を見ていると悲しさを忘れられるわけではないんだけど

何となく星が自分だけの為に輝いてくれている様な気持ちに一瞬なる

音楽も、まさに、そうで

聴いている時、自分の為に奏でてくれている様な

音楽は自分にとって、その様な存在


そんな風に言ってました。吉井さんの今度出るニューアルバムのタイトルである『スターライト』には、そんな意味合いが込められているそうです。

そんな話をきいてしまった日には、そのアルバムが気になります。3月18日に出るみたいです→Yoshii Kazuya STARLIGHT

このアルバム、吉井好きのウチの相方は既に予約したのかな?もし未だなら僕も聴きたいし丁度ホワイトデーも近いので買ってあげようかな?

ところで、どうして『音楽は星のような存在』が刺さったんだろう?と考えてみたんですが、そうそう!ある!ある!同じ様に僕にとっても音楽は星のような存在だよ!!とか共感した訳では決してありません。

なのに、どうして刺さったんだろ?

こうやって頼まれもしないのに文章を書いたりTシャツを作ったりとかする行為にも、そういう『自分だけに輝いてくれている感』を相手に感じてもらえたら素敵だろうな!みたいな感覚があるから共感したのかもしれません。




P.S.

吉井さんが『これから裏の攻撃』とか『後半戦』とか言ってましたけど

そっかあ...そーだよね、裏の攻撃なんだよね、もう人生半分以上過ぎてんだから

僕は吉井さんとほぼ同年代なわけだけど、前半戦は、一度もバットを振る事もなく3ボール2ストライクと追い込まれてから慌ててスイングしたが完全に振り遅れて三振スリーアウトチェンジとかチャンスの場面でボデボテの凡打でゲッツーとか残念ながら未だ無得点に終わってる感じです。

もう、大分点差も開いて大きく水を開けられてしまった感があるけど、果して試合後半で同点に追いつき〜試合をひっくり返すを事が出来るのやら?

誰と試合してるのかすら定かではない永遠の迷える子羊ですwww

【本日の刺さった言葉の最新記事】
posted by テツ at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の刺さった言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。